「チーム倉敷」がサッカー中継で意識していること

平日開催のラ・リーガ第5節はこちらのカードの解説を担当します。

バルセロナ vs. エイバル(スポナビライブ)
 
エイバルの乾は昨季カンプ・ノウでの最終節で、バルサ相手に2ゴールを決めています。しかし、最終的にはバルサが0-2から4発を決めて逆転勝利(4-2)をしています。
 
これは実況の倉敷保雄さんといつも話していることです。
 
日本人選手個人の活躍、パフォーマンスには日本サッカー界として当然注目すべきなのですが、サッカーのような団体競技では「チームの中での個人」があり、サッカーの個人パフォーマンスは監督の狙い(戦略&戦術)を理解しなければ正しい評価ができません。
 
日本のスポーツメディアはどうしても「チーム」というスキームや評価軸たる戦術を抜きに「個人」だけを取り上げる傾向があるので、最終的にその競技が持つ魅力が伝わり難いし、ラ・リーガを例えにすると「スペインサッカー」の価値が本当の意味で日本に浸透していかないのではないか、という話しを昨季から担当しているスポナビライブでのラ・リーガ中継で定期的に倉敷さんたちとしています。
 
少なくとも、スポナビライブで「チーム倉敷」として倉敷さんと一緒にやっている中山淳さんや私は「エイバルの中での乾」、「(ヘタフェ)ホセ・ボルダラス監督の戦術の中での柴崎」を理解しようと準備をし、試合中継に臨んでいます。
 
ということで、前置きが長くなりましたが昨季最終節でバルサ相手に2点リードを奪ったもののあっさり裏返されたエイバル、メンディリバル監督が今晩の試合で持ち味のハイプレスをどう発揮し、その耐久性を出すためにどうマネージメントしてくるのかが個人的には一番の注目ポイントです。
 
ユーベ相手にあっさり大勝したバルサが前節のラ・リーガでは昇格組のヘタフェに先制をされ、苦しめられたことが象徴するように毎節二強を相手に勇敢かつ緻密に戦うチーム揃いであることがラ・リーガの魅力ですよね。
 
そうしたことが伝わるよう、今日もしっかりとした準備をして中継に臨みたいと思います。

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

Ichiro Ozawa

Author:Ichiro Ozawa
1977年9月、京都府生まれ。
サッカージャーナリスト。
早稲田大学教育学部卒業後、
社会人経験を経て渡西。
バレンシアで5年間活動し、2010年に帰国。日本とスペインで育成年代の指導経験を持ち、指導者目線の戦術・育成論やインタビューを得意とする。多数の媒体に執筆する傍ら、サッカー関連のイベントやラジオ、テレビ番組への出演やラ・リーガ、UEFAチャンピオンズリーグなどの試合解説もこなす。(株)アレナトーレ所属。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
著書










訳書












構成書(監訳)